最近、友達が悲しい思いをしました。

ここの所、友達の様子がおかしいなと思っていたら、彼氏と別れていました。

クリスマス前だったのにどうしたんだろうとおもいつつ聞いてみると、彼氏の同僚の女の子と飲みにいっている間にアプローチされ始め、2股状態に。

これではいけないと思い、彼氏がもうつき合えないと言われたのですが、これがひどくて。

その女の子と話していて結構ある事ない事を言っていたらしく、分かれると言われた時に何やら原因は?と聞いたら身に覚えのない事ばかり。

疑問に思っていてもめんどくさい事にならなきゃいいと思って黙っていたみたいで、跡になってから沸々と悲しくなってきたみたいです。

そんな男は終わったんだから、気持ち切り替えると言っていたのですが、当分は傷ついて元気が出ない状況だと思う。

クリスマスと初詣は一緒に行って、わいわい楽しもうよって行っているのですが、返事がないので、落ち込んでいるんだろうな。

そのうち、その女の子と終わった時には戻ってくると思うけど、よりを戻さないでほしいなとなに気に思っています。

その前に早く元気になってほしいな。

美容師で気分転換。

今日は二ヶ月ぶりの美容師でした。

子供達を学校へ送りだして 10時から縮毛矯正とカラーとカットとトリートメントのフルコースです。

長時間になるので朝ごはんは多めに食べておきました。

今通っている美容院はもう5年目です。
まだ妊娠中の時が初めてで 地方生まれのまだ何も分からない私に地理的な事やフアッションの事や 年下なのに とても良い距離感で接してくれます。

今ではプライベートもお互いよく知っていて Lineをしたり仲良しさんです。

フルコースで行くと三時間以上かかるけど 全然沈黙がないくらい お話に花が咲きます。

今日も綺麗にしてもらって沢山お喋りもしてストレス発散してきました。

帰りは子供達のお迎えまで時間があったので1人でランチすることにしました。

と言っても丸亀製麺ですが…。

私には大満足でした。

それからまだまだ時間があったので カフェでデザートを食べました。

幸せだなあって思いました。

旦那さんに感謝してます。

帰宅後はさっきまでが嘘みたいにバタバタ。

やっと洗い物が終わりました。

子供達を早く寝かせてお気に入りのドラマを見るのが楽しみです。

ラーメン中華の大福園

岡山ラーメンクーポンという雑誌を、ウクレレアーティストさんからいただきさっそく活用しております。

二日前に、岡山でいろいろと用事があり、帰りにラーメンでも食べて帰ろうかな?
と思い持ち歩いているラーメンクーポン雑誌をパラパラめくってみました。

意外に岡山で無料パーキングもないし、夜21時過ぎてたらお目当てのお店に限って空いてませんでした。

しかし、まだ一度も行ったことのないお店「大福園」は空いてました。

しかしその時の時刻が21時25分、大福園が閉店するのが22時!やばいですね!
だけどお店にまだ間に合いすか?とダメもとで電話しました。

するとお一人なんですね。
それなら大丈夫ですとの返事をいただきました。

なんだかんだ言ってお店に到着した時は21時40分でした。
明らかに誰もお客様がいません。

けど、私のために本誌特別メニューちゃんぽん麺を作ってくださいました。

すごい嬉しかったです。
しかもそのちゃんぽん麺の細麺と野菜たっぷり薄味スープは身体にも心にも響く優しい味でした。

店内の二胡の響きなども中国風で雰囲気が出ておりました。
中国の雑貨も少し飾ってました。

とにかく店員さんの優しさに感動しました。
ありがとうございます。

社内の自販機

私の会社のオフィスには、自販機がひとつ設置されています。

私は総務担当で、S社の自販機担当者の方と話しながら、自販機で販売するドリンクを一部決めることができます。
(たとえば、これは絶対において欲しいなど。

導入するタイミングで通常の販売価格よりも30円ほど安くしてもらえたため、スタッフにも好評です。

販売内容を細かく指定しているわけではないのですが、私の会社のスタッフの平均年齢は30歳切っているので、みんなジュースとか多く飲むかと思い、最初はそこのパートを手厚くしたのですが、違いました。
とにかく水が一番の売れます。

お茶や炭酸飲料、コーヒーももちろんあり、水は2コーナー用意しているのですが、一番最初に売り切れるのが水です。
私はお茶も飲むしコーヒーも飲むし、炭酸飲料も飲むので、いろんなジャンルのものが設置されているのが嬉しいのですが、水もう1コーナー増やそうか迷っています。

血は立ったまま眠っているっていう芝居

故寺山修司さんの原作を同い年の蜷川幸雄さんが演出。
安保闘争華やかかりし60年代を舞台に、狂喜乱舞する底辺の人々を描きました。開演前、前方の扉が開かれ、外の景色が見える。赤旗を振り回した集団が走り込んできて、扉は閉まる。我々は50年前の世界へと連れ去られます。
舞台上は薄汚れた便器やドラム缶が並び、雑然としています。何やら怪しい商売を企む人々と、破壊活動に精を出す男2人。彼らが交互に舞台へ。まともな人間なんて1人もいやしません。うっ積した思いを雄叫びのように発しては、狂ったように踊ります。たとえ会話が成立していなくても、あの時代の人々の高揚感ともいえる熱気はひしひしと伝わってきます。舞台転換時に狂ったように走り回る競争馬やブルースの生演奏も、時代を象徴しているのでしょう。
ラスト、前方の扉が再び開き、登場人物たちはそこから去っていきます。夢のような2時間半が終わり、私達は現実へと戻されます。

てづくりの品って迷惑?

 私は趣味で編み物とししゅうをしているのですが、「あれ?それ手編み?」と聞かれる事があります。
派手な靴下を履いてたから「あれは市販出来るようなものではない」と思われたのかもですが。
 
「いいなー編んでよ」的な事を言われると本当にどうしたらいいのか困ります。
材料費等の事ではなく、人様にあげるような水準に達して無いんですよね・・・私。

そうゆう風に一応言いますが、「えー、そんな事無いよ」って言いますわね、大人なら。

実際毛糸の靴下ってとても暖かいのでお勧めなんですけど、買うと高いのですよ。
なので私が作るような水準で良いなら全然あげるよって感じなんです。
 いや貰ってくれるんですか?って感じですけど。
でも「タダやしとりあえずもらっとこう」的な感じで家に放置されてるのであれば、もっと分かるような社交辞令を言って欲しいなあと思います。

 実際こちらから「(あげた)靴下使ってる?」とは聞けないのでどうなったかは分かりません。
知らない方がいいのかもしれませんね。

許す自分。

私の中には、自責の念がほとんど常に(っておかしいですね、まぁ、ほぼ常にってことです)ついてまわってきます。

そうすると、ちょっとその自責の念が薄れたときに、「お前今忘れてただろ」「調子にのるなよ」っていう、もうひとりの自分の声が聞こえて(実際に聞こえてる訳じゃないけど、そう思う)、また暗くなる。

明るい気持ちになりたいのは山々なのだけど、それを許さない自分がいるから、そうなれないんです。

要は、自分で自分を縛りあげてるような。

もうひとりの自分に、ずっと監視されてるような。

これは、非常に息苦しいものです。

で、このもうひとりの自分は到底消えそうにないし、こんな自分を生み出してしまったのも、もとはといえば私が悪いのだから、それを消そうとは思わないけれど、私は決めました。

それに対抗する、「許す自分」を育てようと。

一体、なんの話なんだ。

私の心のなかのできごとを、ちょっと話してみました。

HERO続編

先日放送された木村拓哉主演HEROの続編を観て。

多くのファンが期待と不安を胸にご覧になったことかと思います。

私もその一人であります。

そしてなにより気になっていた、松たか子が演じていた、雨宮との現在。

まず何よりここを気にしていた方も多かったことでしょう。

結果は・・・
「何でもうまくいくことなんてないでしょう」
という公利生のセリフから察すると、どうやらうまく行っていない様子でした。

しかしわたしが思うにはなんでも思わせぶりな公利生ですから、
これは最終回に向けた布石ではないかと考えています。

下馬評的には共演は無いのでは、と言われてもしまっていますが、
他メンツもチョイチョイとした出演をされていますから、
ここは最終回、もしくは最終回へ向かうあたりで雨宮が匂わせられてきて、
北川景子との対決、なんて構図を楽しませてくれるのではないでしょうか?
いや、してほしい。

まだ初回ですから、なかなか全作を超えたかどうかを判断するのは早い。

もう少し見守りつつ、月曜日の楽しみの一つにしてみます。

自炊してみた。

 今日は仕事が早く終わったので久しぶりに料理をしてみた。
普段はスーパーで買ってきたり、外で食べてきたりしてるけど、毎日やってると結構出費がかさむ・・・。
ということで、家にあるものでどうにかならないかと適当に作ってみました。

 冷蔵庫にカレールー、コンソメ、キャベツ、玉ねぎがあったのでカレースープにすることに。
材料を切ってお湯を入れてコンソメとカレールーを入れて放置。
15分くらいで完成。
なんて簡単なの!もっと野菜を入れればボリュームも出るし栄養バランスもよくなりそう。
早速食べてみる。
うん、まあまあ!材料を切ればもう出来たようなものなので、煮立てている間にお部屋の片づけとかできちゃいます。
煮る料理のいいところって、ちょっと放置ができるところだよね・・・。
もちろん、目を離しちゃいけませんが。

 一回作れば3食分にはなるので、よかったらみなさんも試してみてくださいねー!

灰原哀について

名探偵コナンに登場する「灰原哀」は
本名を宮野志保といい、元々は本作に登場する犯罪組織の一員でしたが、
実の姉を組織に殺害され、組織に反発し、
「工藤新一」を幼児化させた毒薬を飲んで組織を抜け出しました。

現在はコナンの協力者として、
阿笠博士の家に間借りしながら小学一年生として暮らしています。

クールでミステリアスな性格と
たまに見せる無邪気な笑顔とのギャップから
ヒロインである「毛利蘭」より人気が高いようです。

私もそのクールな感じに憧れます。

哀と新一を幼児化させた毒薬を作ったのは哀自身ですが、
哀は「毒薬を作っているとは思わなかった」ようです。

現在は博士の家の研究室を借りて
毒薬の解毒剤を研究していますが、現段階では完成されていません。

名前の由来は「シャーロックホームズ」に出てくる「アイリーン・アドラー」や
「ウォーション・スキー・アイ」などの説があります。

声優は「林原めぐみ」さんです。