キムチ冷戦

以前グランドスタッフでバリバリ働いていた私は、結婚し妊娠したので辞職しました。

いつも勤務多めで希望を出し、休みの日数も極力減らし、たっぷり稼いできたので、急に仕事が無くなると不思議な感覚。
本当に何もしなくて良いのか不安にもなりました。

ですが、人間慣れる物ですね…毎日が休日、これも悪く無いと思い始めました。
あんなに暇が嫌だ、辞めたく無いと騒いでいたのに。

その後しばらくして、引越し。
新居で夫と一緒に暮らし始めました。
お料理は私の趣味であり、数少ない得意分野ですので、毎日毎日晩御飯作りに勤しんでおります。
悪阻はさほど酷く無かったものの、食の好みは完全に変わってしまい、また妊婦検診で体重増加注意を食らったので、お料理は主に和食。
サムギョプサルなどのニンニクがたっぷり入った韓国料理が大好きだった私ですが、全く食べられなくなったのです。

しかし、夫は毎食欠かさずキムチを食べます。
昔、母が作ったシチューに父が食べる前に胡椒を振りかけ、母が随分機嫌を悪くしたことがありました。
当時でも母の気持ちが十分分かったのですが、まさに同じ立場となった今、心の底から同感できます。

ただでさえ今はキムチの匂いだけでも気分が悪くなるというのに、私の手料理と一緒に食べるだなんて、まるで私のご飯が美味しくないとでも言いたいのか?しかし、夫は言える雰囲気すらも与えてくれず日に日に私たちの間から会話が消えていきました。

新婚なのにもうこんな状態。
どうしようかと悩んでいる内に夫の休日を迎えました。
一緒にスーパーへ買い物をし、またもやキムチに手を伸ばした夫に私はすかさず胸の内を明かしました。

その後、私の前ではキムチを食べないという条件で私たちの仲は元通りになりました。