ワインの基本は幅広い

ワインはホントに種類が多くて英語文字や何が何か解りませんが美味しいのは理由があって基本はとても幅が広いようです。
ワインは北アメリカ・西南アジア・日本は山梨や山形や長野や岡山で生産されていて原料はもちろんぶどうですが、マスカットアレキサンドリアやネオマスカットや甲州や甲斐路や巨峰などあります。
種類は赤・白・辛口・甘口・新酒のヌーボ・取れたて酒のテノワール・醸造年のヴィンテージなどもあります。
フランスはボルドー・ブルゴーニュでドイツはライン・モーゼルでアメリカはカリフォルニアでイタリアはピエモンテ・トスカナで作られています。
赤ワインは例えば、ブドウの種類はガベルネソーヴィニヨンの品種でフランスボルドー地方で作られたワイン。
ガメイの品種はフランスのブルゴーニュ地方で作られたワイン。
白ワインは例えば、シャドルネの品種をフランスブルゴーニュ地方で作られたなど、ヴィンテージワインは例えば、ドンペリヨンはフランスのシャンパンですが同じ年に収穫したブドウ使用し8年ほど熟成したものなどです。
ワインの基本は幅が広いですが、赤ワインは肉料理に合うし、白ワインは魚料理にあう、シャンパンはおつまみなどに合うなどそれ以外はなかなかラベルを見ても解りません。