灰原哀について

名探偵コナンに登場する「灰原哀」は
本名を宮野志保といい、元々は本作に登場する犯罪組織の一員でしたが、
実の姉を組織に殺害され、組織に反発し、
「工藤新一」を幼児化させた毒薬を飲んで組織を抜け出しました。

現在はコナンの協力者として、
阿笠博士の家に間借りしながら小学一年生として暮らしています。

クールでミステリアスな性格と
たまに見せる無邪気な笑顔とのギャップから
ヒロインである「毛利蘭」より人気が高いようです。

私もそのクールな感じに憧れます。

哀と新一を幼児化させた毒薬を作ったのは哀自身ですが、
哀は「毒薬を作っているとは思わなかった」ようです。

現在は博士の家の研究室を借りて
毒薬の解毒剤を研究していますが、現段階では完成されていません。

名前の由来は「シャーロックホームズ」に出てくる「アイリーン・アドラー」や
「ウォーション・スキー・アイ」などの説があります。

声優は「林原めぐみ」さんです。